下げる野菜 緑でサラナ

 

LDLコレステロールを下げる野菜の力(SMCS)

 

販売実績1億本

 

緑でサラナ(特定保健用食品)

 

緑でサラナ

 

通常価格:6,000円(税別)
  ↓  ↓  ↓
特別価格:5,400円(税別)
さらに、送料無料
30本入り(1缶 160g)

 

<特許1>

野菜本来の香味・新鮮さを保持するピューレ製造方法

 

<特許2>

コレステロールが気になる方向けのサンスター独自の野菜・果物を組み合わせた缶飲料

 

「緑でサラナ」は、血中コレステロール(特にLDLコレステロール)を低下させる働きがあるブロッコリー・キャベツ由来のSMCS(天然アミノ酸)を豊富に含んでいます。

 

コレステロールが気になる方や高めの方に適しています。

現代人にとってコレステロールは気になる存在です。

最近は、DHA・EPAが注目された事もあって、「コレステロール」にもまた、注目が集まっています。

 

脂っこい食事、不摂生な生活習慣がコレステロール上昇の一因になります。

 

でも、長年の習慣って変えるの大変ですよね。。。

 

そういう時に頼りになるのが、特定保健用食品です。

 

その中でも、日本で唯一、野菜そのものを関与成分とした、コレステロールが気になる方や高めの方に適した野菜飲料「緑でサラナ」です。

 

2009年に発売しましたが、2016年で1億本を突破した人気商品です。

野菜の天然成分に着目!

天然野菜

 

緑のサラナを発売しているのは、サンスターですが、イメージは、口関連、じゃないかなと思います。

 

実は、「野菜と健康」についても20年以上も研究を続けています。

 

野菜そのものを関与成分とした、コレステロールが気になる方や高めの方に適した「緑でサラナ」を開発しました。

 

?日飲み続けた結果、3週目にコレステロールの低下を確認した結果が出ています。

 

そもそもコレステロールは、細胞膜の維持やホルモンなどの原料となる、体にとって必要なものです。
問題なのは、2種類あるコレステロールのバランスが崩れる事です。

 

「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールが極端に増えると、健康に影響を及ぼしかねません。

 

緑のサラナの秘密は、

 

キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科野菜に含まれる天然アミノ酸「SMCS(S-メチルシステインスルホキシド)」にあります。

 

体内のコレステロールは、酵素によって胆汁酸に変えられ、体の外へと排出されます。

 

「SMCS」はこの酵素を活性化させることで、LDLコレステロールを低下させる事ができます。

 

緑でサラナ

臨床試験で低下作用を確認

コレステロール

 

研究を重ねた末にたどり着いた「野菜の力」を、一人でも多くの人に役立手て欲しい。

 

その思いから、サンスターは特定保健用食品の開発に着手しました。

 

臨床試験によるコレステロールの低下作用の確認や安全面での厳しい審査など、約10年の歳月をかけて全ての課題を乗り越え、商品を完成させました。

 

緑でサラナには、嬉しい特徴がもう1つあります。

 

それは、野菜不足を補える事です。

 

1日の野菜の目標摂取量は350gに対して平均摂取量は、270gと現代人は、1日約80gの野菜が不足しています。

 

緑でサラナにはSMCSを含むキャベツとブロッコリー以外に、セロリ、ほうれん草、大根葉、レタス、パセリ、小松菜が入っていて、1日の目安2缶で約210g分の野菜が摂取できます。

 

野菜をすりつぶしてピューレ状にしているので、食物繊維もたっぷりです。

 

そのうえ、バナナ約3本分の食物繊維も摂れます。

 

一部の原材料に熱をかけない「フレッシュピューレ製法」を採用するなど、素材の栄養をできる限り壊さないための工夫も取り入れています。

 

利用者からは、飲みやすい、という声が多いです。

 

香料・保存料など一切無添加

 

緑でサラナは、砂糖・食塩・香料・保存料無添加です。

 

青野菜独特のにおいをリンゴの酸味で包み込んだ、野菜の旨味を生かした、自然で飽きのこない味わいです。
野菜が苦手な人からも好評です。

 

コレステロールや、生活習慣が気になる人は、新しい健康週間を始めてみませんか?

LDLコレステロール140mg/dl以上は要注意

「自覚がない」

 

コレステロールが厄介な存在である大きな要因がコレです。

 

健康診断などで良く指摘されているのが、「高コレステロール」ですが、ほとんどの人が、体調に変化がないため放置します。

 

どこで痛みなり体に不調が出れば良いのですが、ほとんど、気づかないので、その間にリスクは上昇。
自覚症状が出た時には、取り返しのつかないことになりかねません。

 

自覚がないからこそ、注意が必要です。

 

「異常なし」

 

と診断されても、コレステロールの数値が年々上がっているようであれば対策は必要です。
そもそもコレステロールは、体の細胞を作る重要な成分です。

 

そのうち、「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールが高くなりバランスの崩れた状態を、放置しておかないことが大切です。

 

LDLコレステロールが増える原因は、遺伝的な要因と更年期の他に、生活習慣に関連があるとされています。
なかでも、肉中心の脂っこい食事や野菜不足など、偏った食生活によるところが大きく、LDLコレステロールを下げるには、食生活の改善は必須です。

 

加えて、リスクを避けるためのウォーキングなど少しでも運動することも心がけましょう。

 

健康な?日を過ごす正しい生活習慣を続ける事が大切です。

 

それでも、「一度に行うのは難しい・・・」というようれであれば、まずは「続けやすさ」を基準に、対策法を選びましょう。

 

緑でサラナ

更新履歴